社員インタビュー

社員インタビュー

社員インタビューInterview中途

新卒インタビューはこちら
OSAKA大阪
産業ソリューショングループ 仁部 惠美梨

結婚や出産が
働くことの障害にならない。

仁部 惠美梨

西日本システム統括部 2016年3月入社

入社の決め手

入社のきっかけは前職の上司の紹介。

私がCMKを知ったのは、以前に勤めていた上司がきっかけでした。その上司が転職でCMKに入社された時に、私を誘ってくださったんです。当時、私は新しい職場を探しているところでした。前の職場ではヘルプデスクの経験しかなく、SEに関する知識がなかったため不安でしたが、CMKにもヘルプデスクの業務があり、そちらをお願いしたいということでした。私の疑問に対して、面接で分かりやすく答えていただけたので、安心して業務に従事できると思い入社しました。

インタビュー写真

実際に入社してみて

インタビュー写真
同じ現場の女性先輩の存在が心強い。

現在は某企業のヘルプデスクの一次受けメンバーを担当しています。ヘルプデスクは、一件ずつ電話を取って対応するのが仕事です。何が分からないのかをきっちりと確認して、“ここで困っているなら、ここも困っていませんか?”と先回りして尋ねることも場合によっては必要です。また、何故発生したのかまで気にしている方には、そこもフォローしなくてはいけません。その一方で今起こっている現象が解決しさえすればよいという方もいます。
前の職場ではすべて1人で対応していましたが、現在の職場は2人体制です。パートナーを組んでいるのは女性の先輩で、今の現場に3年半います。1聞くだけで10答えてくれる、よく分からないことも丁寧に教えてくれる女性です。仕事に関しては厳しいですが、“今の、よかったよ”と褒めてくれることもあり、とてもよい環境で働けていると思います。

職場環境

インタビュー写真
子どものいる社員にもやさしい会社。

私が働く現場はヘルプデスクのリーダーも女性で、お子さんがいます。今年の春に小学校に入学したのですが、登校時間が変わるため、入学を機に出勤時間が9時から9時30分になりました。先方さまからも承諾を得て、出勤時間の変更を認めるCMKは、子どものいる社員にもやさしい会社だと思います。また、社内には女性で役職に就いている方もいて、結婚や出産が働くことの障害になりません。私も長く働きたいと思っています。
先日、女性のための女性活躍セミナーに参加してきました。今後、人生の長い時間を会社で過ごすので、職場の中に喜びや学びがあることは大切だと思います。また、たとえ楽しくて、学びがある環境であっても、将来への不安が伴うような基盤のない会社では、安心して自分の力を伸ばすことができません。CMKを満足度の高い会社にしていきたいですね。

応募者へのメッセージ

CMKは社員教育に力点を置いている会社です。一つひとつ丁寧に仕事に取り組むことで、自分自身のさらなるスキルアップを目指せますよ。

FROM
BOSS

上司からの一言

仁部さんは、CMKが進めるBPOにおけるヘルプデスクで採用しました。前職では、同じ仕事で優秀賞をいただいたとのお話でしたが、違わず融和な話し方や前向きな態度、目力があって、今後に大いに期待を感じました。現在は、大手アパレルメーカーにおいて、社内のヘルプデスクで活躍していただいています。

その他の社員インタビュー