社員インタビュー

社員インタビュー

社員インタビューInterview中途

新卒インタビューはこちら
OSAKA大阪
インフラシステム部 番平 祐樹

下流から上流を目指す人に
来てほしい。

番平 祐樹

インフラシステム部 2015年5月入社

入社の決め手

私は会社のココに惹かれた。

私は営業職からCMKに入社しました。SEでの転職を希望し、いくつか受けましたが、その中でCMKに惹かれたのは、向上心を持って仕事に臨む人間を評価する姿勢が非常に強かったからです。また、自主学習のための教材の購入や研修の受講、eラーニングなどさまざまな形で社員の成長を手助けする各種支援制度や、資格取得実績を報酬という形で出す資格手当制度など福利厚生が手厚いところが魅力でした。

インタビュー写真

CMKの現場

インタビュー写真
私の担当業務。

私はインフラシステム部に所属し、主に基盤系の業務を行っています。Linux系の基盤および、HAクラスタ製品、BIツール、ファイル改ざん検知製品、DB製品などを担当。お客様に常駐し、国が実施する国民向けのサービスの設計事業者に所属して業務を実施しています。現在は保守フェーズとなり、運用事業者がソフトランディングできるようにサポートしています。インフラシステム部は、この2年間で人員が2倍以上になっているんですよ。

失敗から大切なことを学んだ。

CMKの社風は社員が失敗をした時にも表れます。一緒に働いていた先輩に私の失敗をカバーしてもらった時のことです。先輩は私の失敗を責めるのではなく、バックアップの重要性と緊急時のリカバリー方法を教えてくれました。この時、社員を大切に育もうとするCMKの精神を感じました。この経験は、今でも私の中で生きており、SEとして大事なことを教えてくれるきっかけとなりました。

これからのCMK

インタビュー写真
今後目指してほしい会社のカタチ。

CMKには、SIer業界という狭い業界の殻を破り、IT業界、果てはさまざまな分野にまで挑戦する企業になってほしいと思っています。そのために、まずはIT分野における自社製品を設計開発できる会社を目指したいです。

自分自身の成長の糧。

CMKは、これからの未来に向けて向上心をもって仕事に臨む人に最大限のサポートをしてくれる会社です。技術・知識や資格の取得はもちろん、親身になって相談に乗ってくれる上司や先輩たちの存在、中長期的なキャリアアップの形成を促す制度や思想は、自分自身の成長の糧となります。

応募者へのメッセージ

CMKは、下流から上流を目指す人にぜひ来てほしい会社です。上昇志向の高い技術者には大きなチャンスがあります。

FROM
BOSS

上司からの一言

当社の経営理念にある『率先垂範』を地で行くタイプです。常に物事を自分事と捉え、自らが率先して動いている姿をよく目にします。そのような自発的な動きがお客様からも評価されており、信頼と信用を得ています。また、当社の教育制度を有効に活用し、様々なセミナーを受講したり、資格取得をするなど貪欲にスキル習得・向上を図り他の社員の模範ともなっています。今後も率先垂範で部を良い方向へ導いてくれる事を願ってます。

その他の社員インタビュー