社員インタビュー

社員インタビュー

社員インタビューInterview中途

新卒インタビューはこちら
OSAKA大阪
西日本システム統括部 岡本 亜也

長期プロジェクトに参画し、
上流を目指したい。

岡本 亜也

西日本システム統括部 2014年3月

入社の決め手

チャレンジ精神に火が付いた。

私が以前に働いていた会社で担当していた業務は、短期間のプロジェクトが多く、業務内容もPG/単体テストが主なものでした。そのため、徐々に長期プロジェクトでスキルアップできる仕事をしたいと思うようになりました。そこで転職先候補としてリストアップしたのがCMK。当時住んでいた家からも近く、大手メーカーとの取引もあったので話を伺いに行きました。
私が希望したのは、「1つのプロジェクトを長期的に経験したい」「上流工程ができるようにステップアップしていきたい」ということ。その思いをCMKの採用担当の方が理解してくださり、長期プロジェクトの実績があること、チャンスをいろいろ与えてくれる会社であることを丁寧に説明してくださったのでここに決めました。

インタビュー写真

実際に入社してみて

インタビュー写真
詳細設計業務にも従事。

現在は、社内システムの構築業務に取り組み、常駐先で主に詳細設計~結合テストを担当しています。それに加え、現在の常駐先がCMKの重点お客様に該当するため、お客様売上拡大にも力を入れています。業務のうち詳細設計については、CMKに入社してから本格的に行うようになりました。以前はPG/単体テストが担当業務の大半だったのが、設計書を作成したり、PGリーダーとして各PGのフォローを行ったりするようになり、年々スキルアップをしていけることに喜びを感じています。

CMKの教育制度

インタビュー写真
自分の将来を明確に考える絶好の機会に。

CMKでは半年に一度、各自で目標管理シートを作成し、四半期に一回のペースで面談を行っています。これはキャリアアップなど自分の将来の目標を上司に相談し、その目標をクリアするために必要な具体的な項目を設定。期間を区切って自己診断し、達成できたかどうかをチェックするというものです。半年単位で自分の将来を明確に考える機会になるため、とても有意義な制度です。

先輩~後輩の好循環が会社の成長を促す。

また、CMKでは社員教育に力を入れていて、先輩社員が後輩社員を親身になってサポートするという風土が根付いています。1人の上司や先輩社員が部下や後輩社員を指導し、その数年後にその部下や後輩社員が同じように部下や後輩社員を指導することで、良い循環が生まれ、会社はどんどん成長していきます。私もその良い循環の中の一人として会社に貢献できればと思います。

応募者へのメッセージ

CMKには、興味のある分野やチャレンジしたい分野があれば、その目的に向かってスキルアップをするチャンスがたくさん転がっています。
会社のためなど固いことは考えずに、まずは自分のためにスキルアップすることを考えてください。そしてCMKの社員を巻き込んで、積極的にコミュニケーションをとってもらえればと思います。

FROM
BOSS

上司からの一言

岡本さんは、中途入社して4年目を迎えています。プログラム開発作業自体が、好きであると感じました。現在は、大手SIerの社内システム構築で、プログラムに関して誰もが認めるリーダー的な役割を担い、お客様のプログラマーにも教えているそうです。常に、前向きに業務に取り組み、どんな仕事でも任せることが出来得るひとりです。

その他の社員インタビュー