社員インタビュー

社員インタビュー

社員インタビューInterview中途

新卒インタビューはこちら
TOKYO東京
東日本システム統括部 庵治川 佐和子

とにかく開発!
スキルを極められる環境に
身を置ける幸せ。

庵治川 佐和子

東日本システム統括部 2016年1月入社

入社の決め手

最高の環境が揃っていた。

私がCMKに入社する時に感じたのは、技術的に優れた社員が多いということでした。以前に勤めていた会社はチームメンバーが少なく、みんなで意見交換をするという環境があまり整っていませんでした。CMKでは、月に1回のペースでチーム会があり、そこで仕事の悩みなど意見交換ができます。先輩にならって付いていけば、自分の技術を向上させていくことができると思いました。バリバリ開発をしたかったので、私には最高の環境です。

インタビュー写真

現在の職場

インタビュー写真
人に教わり、教えるということ。

現在は保険会社の社内システムの開発を行っています。これまでは1人で業務を行うことが多かったのですが、一度3人で常駐する機会がありました。私は3人のうちの真ん中。先輩に教わりながら、後輩を指導するという立場でした。今まで後輩に指導するという経験がほとんどなく、相手がどういったところに困っているかをくみ取る力、説明する力を養う絶好の機会でした。この経験は、お客さまに対しても応用でき、私にとって大変有益なものになりました。

業務の幅は増え、残業時間は減った。

今の職場でもっともやりがいを感じるのは、上流工程から最後まで開発に携われるというところです。お客さまと直接対面で打ち合わせをし、以前に比べて業務の幅は増えましたが、それに反して残業時間は減りました。それは先輩・後輩をはじめとする社内での連携がよく、スムーズに開発できる環境にあると思います。

職場の雰囲気

インタビュー写真
個々の意見を尊重してもらえる。

私はWebの開発の経験が少なく、基礎的な知識がまわりのメンバーよりも劣っているため、その部分で苦労しています。その部分を補うために、仕様書を読むなどして独学で勉強していますが、どうしても分からない時はメンバーに助けてもらっています。メンバー間の風通しがよく、個々の意見を尊重してもらえ、部下であっても上司に意見を言いやすい風土が私に合っています。

男性or女性の区別なく働きやすい。

CMKは産休制度や育休制度をはじめ、女性のための支援制度が整っていますが、私はよい意味で男性だから、女性だからということを感じさせない会社だと思っています。CMKは社内教育に力を入れていて、さまざまな研修や勉強会が無料で頻繁に行われています。私も先日簿記の勉強会に参加させていただきました。いずれは講師をやってみたいですね。

応募者へのメッセージ

会社で一流の開発者になるためには、日々の勉強と努力が必要です。CMKはそのためのサポートが充実しています。会社で働くうえで大切なのは、そこで何をするかということ。CMKは社員の思いに応えてくれる会社です。さまざまな相談にも乗ってくれますよ。

FROM
BOSS

上司からの一言

2016年1月に入社し、1年目はリース会社向け保守開発、2年目は生保向け営業支援システム開発、現在は主契約保全の要件定義中で上流工程担当と共に別チームのメンバーマネジメントを担ってもらっています。昨年結婚し、公私とも多忙な中で家庭と仕事の両立を図れている事は本人の努力の結果と評価しています。今年10年目で若手社員の育成等のリーダーを担当する予定であり、より高いステージで能力を発揮してもらえると確信しています。

その他の社員インタビュー