開発事例

開発事例 The development achievements

電子機器メーカー向けファイルサーバ/無線NW認証基盤構築

本案件は新規サーバの導入と付随する各種機能の実装でしたので、まずはお客様に要件のヒアリングから始めました。

【以下一部具体例】
- レプリケーション対象の共有フォルダ名
- 構築するActive Directoryのドメイン名・組織単位(OU)の設計
- Active Directoryのグループポリシーの設計
- ファイルサーバにアクセスするドメインユーザー名
- 既存無線アクセスポイントのSSID 
- サーバのDisk容量 etc…

平行して検証環境の構築を行いました。当社に本案件のような構成の構築実績が無かったためです。事前に無線機器を提供しているメーカーから構成可能の回答を得ていましたが、リスクを回避するためにお客様が使用している無線機器と同モデルのものを調達し、当社の検証環境にて検証を実施しました。その結果、事前に課題を明確にし、解決することができました。

電子機器メーカー向けファイルサーバ/無線NW認証基盤構築

背景・課題

エンドユーザー様が当時利用していたファイルサーバ(NAS)はファイル・フォルダのレプリケーション(複製)の機能を備えておらず、シングル構成のためサーバ障害時にお客様の開発データなどを完全に損失してしまうリスクがありました。また、Microsoft Active Directoryなどのディレクトリサービスとの連携ができず、既存の無線アクセスポイントにさえ繋げば誰でも無線ネットワークを介してファイルサーバにアクセスが可能となり、セキュリティ面のリスクを抱えている状況でした。そのため、既存の無線アクセスポイントを介したActive Directory連携が実現でき、かつ透過的なファイルレプリケーションの機能(DFSR)を備えたサーバを導入することでお客様が抱えているリスクを回避することが目的でした。

得られた成果

想定スケジュール通りに要件を満たしたサーバを納品することができました。
当社にて事前に検証を行った結果、お客様環境での構築時に大きなトラブルや課題は発生しませんでした。
ユーザー認証の監査ログなどが肥大化しDisk容量を逼迫する恐れがありましたが、一定の条件に応じてアーカイブ・削除するScriptを実装するなど工夫をしました。
また、新規ドメインユーザー作成や共有フォルダ作成などの運用時における各種手順書を納品することでお客様に運用負荷軽減のメリットをもたらすことができました。

今後はテレワークが加速することが考えられ、例えば自宅からVPNを介して会社のファイルサーバにアクセスできるようにしたいと考えているお客様も多いと思います。
本案件を当社のナレッジとして活用・応用できたらと考えています。

開発事例一覧へ