開発事例

開発事例 The development achievements

医療メーカー向けVDI基盤リプレース

お客様が利用している仮想デスクトップ(VDI)環境について、現行クライアントOSであるWindows7をWindows10にバージョンアップを実施しました。OSバージョンアップに伴い、仮想デスクトップを実現するアプリケーションであるVMware Horizon Viewのバージョンアップ及び周辺機器(物理サーバ、ストレージ)のリプレースも実施しました。
管理用のvCenterサーバはハイパーバイザ上に仮想マシンにて構築を行いました。

医療メーカー向けVDI基盤リプレース

背景・課題

お客様が仮想デスクトップ(VDI)上で利用していたWindows7のライセンス切れに伴い、Windows10にバージョンアップすることが目的でした。
OSログイン時の速度は現状維持が要件でしたが、同時接続ユーザ数が1900となるため、ストレージ内リソース過多によるログイン速度低下が予想されました。
また、現行システムの運用開始から接続ユーザ数も大幅に増えており、ログイン速度低下が近年の課題でした。

得られた成果

サーバのローカルディスクを共有ディスク化する技術(vSAN)を採用し、新たに作成した共有ディスク上に仮想デスクトップサーバ群を配置することでログイン速度低下を回避することができた。
また、vSANは従来の共有ストレージに比べ安価に導入が実現できるため、お客様に大きなコストメリットをもたらすことができました。
本プロジェクトは一口に仮想デスクトップ(VDI)基盤と言っても設計要素がアプリケーション、サーバ、ストレージ、データベース、ハイパーバイザ、ネットワークと多岐に渡りましたが、弊社のナレッジを集結させ対応した結果、大きな課題も発生せずに納品ができました。

開発事例一覧へ